忍者ブログ

21世紀ダイアリー2.0.1

 21世紀スカイラインの管理人ブログ。現在はムラーノ(Z51型)を愛用している40代中年男性(苦笑)。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
"The 21st Century SKYLINE"
性別:
非公開
自己紹介:
切な系・中年スポーツセダンことV35スカイラインを愛でるサイト「21世紀スカイライン」を運営しております。

ブログ内検索

最新コメント

[08/23 Adosobii]
[04/21 Anobipaf]
[04/17 Aigupui]
[03/24 管理人]
[03/06 琉]
[02/27 I.p.]
[12/04 管理人]
[11/25 I.p.]
[10/19 管理人]
[10/14 メリクロ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

UAEに建設中のアレ


ドバイショックの記憶も新しいところですが、UAEといえばアブダビに建設中のフェラーリ・テーマパークは来年、2010年のオープンだっけか。

↓鋭意建設中の様子

CC Photo by eversion.
時速200kmを体感できるジェットコースターや、F1の強烈なGを体験できるアトラクションなど実に興味深いテーマパークです。世界同時不況な昨今ですが、こーゆーのは派手にカマしていただきたいもの。ドバイ観光のついでにアブダビに立ち寄って・・・な感じでしょうかねー。一度は行きたいな、ドバイ。

そうそう、F1もトヨタ撤退、BMW撤退、ルノーも撤退か?と噂され、盛り上がりに欠けるように思えましたが、ここにきてメルセデスが新たに参戦を表明するなど面白味を増してきましたよね。毎年、年末を迎える度に「来年こそはちゃんとF1観よう・・・」と思うんですが、どうにもいつも気づいたら初戦スタートしてる、みたいな。あうあうあう。

PR

”環境税”とか下らないこと言うな


政府・民主党がガソリン税などに上乗せされている暫定税率を廃止して新たに「環境税」なるもので徴収しようとしてるようで↓

環境税、来年4月導入検討…暫定税率廃止と同時
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091128-00001186-yom-soci
「政府は来年4月から、ガソリン税などに上乗せされている暫定税率を廃止し、ガソリンや軽油などの 化石燃料に課税する地球温暖化対策税(環境税)を導入する方向で検討に入った(中略)暫定税率廃止でガソリンは1リットル当たり現在より25円安くなる。環境省案では20円の課税を提示しており、差し引き5円の減税となる。」

ネット上で懸念されているように、結局ガソリンが僅かに値引きになって、その他の灯油のような生活に直結した諸々に対して大増税になる可能性も孕んでいるので、これはちゃんと注視しとかないと、いつの間にか数の論理で強行決定されちゃうかも知れませんぞぉ。

・・・っていうかさ、もう、こーゆーのヤメにしないかぁ?小手先だけでアノ手コノ手で騙そうとしやがって。。。1994年の細川内閣時に似たような騙し手口で「消費税3%を廃止して、国民福祉税7%にします」とかバカな構想立てて内閣崩壊させた小沢一郎と官僚(斉藤次郎っての)が居たけれど、いまや小沢一郎は幹事長やってるし、斉藤次郎ってのは郵政の社長に天下ったし。お前らドロドロだなぁ。

安易にマスコミに踊らされて「一度、民主党にやらせてみよう」と投票した連中に猛省を促したいところでありまして。(;´Д`)

トヨタ、F1撤退


噂されていたトヨタのF1撤退が正式発表されましたね↓

「トヨタですら…」 F1撤退に見える自動車業界の厳しさ
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091104/biz0911042128028-n1.htm

お疲れさまでした、トヨタさん。
思えば60億円弱の供託金をFIAに渡して鳴り物入りで参戦したものの、参戦初年度からミナルディのエンジニアを金の力で引き抜いたり、翌年にはフェラーリの車体をスパイした容疑で揉めたり、数年後にはタイヤをミシュランからブリヂストンに変更してせっかくの上がり調子だったのを帳消しにしたり・・・と、この8年を振り返ってみると散々な結果でしたね。4000億円くらい使ったのでしょうかね。いや、もっとかな?(富士スピードウェイとかあわせると)

そんなに大金を掛けたにも関わらず、尊敬を得られないのはどうしてだろう?とトヨタ自身が振り返る機会はあるのだろうか。F1撤退は、経済的要因云々は勿論としても、いまの(そしてこれからの)F1を考えると投資に見合うだけのバックは期待できなさそうだから撤退そのものは合理的で正しい判断だと思いますけれど、トヨタには是非この機会に「振り返り」を行うべきじゃないだろうか。WRCであれだけ活躍したトヨタが後味の悪い理由で撤退したことが、活躍以上に人々の記憶に残ったように、トヨタは一度、モータースポーツ全般に関して「振り返り」を行うことで、どうしてモータースポーツにおいてトヨタが尊敬を得られないのか真摯に考えるべきじゃなかろうか。

例えば、F1において”万年テールエンダー”と言われたミナルディ。でもミナルディは多くのF1ファンから尊敬を得てましたよね。アロンソ、フィジケラそして片山右京などミナルディを出発点として大きく花開いたドライバーは多く、故に弱小チームであっても一目置かれていたと考えます。F1は大変資金の掛かる競技ですが、万年資金難のチームであってもキラリと光る、そんな存在であったからミナルディは尊敬を集めたのだと考えます。

トヨタもそんな存在であれば、たとえ優勝できなかったとしてもF1に欠かせない存在として多くの人の尊敬と愛を集めたのかも知れません。トヨタがF1参戦で欲しかったものって結局ナンだったんでしょうかね?
Copyright©"The 21st Century SKYLINE", All Right Reserved.