忍者ブログ

21世紀ダイアリー2.0.1

 21世紀スカイラインの管理人ブログ。現在はムラーノ(Z51型)を愛用している40代中年男性(苦笑)。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
"The 21st Century SKYLINE"
性別:
非公開
自己紹介:
切な系・中年スポーツセダンことV35スカイラインを愛でるサイト「21世紀スカイライン」を運営しております。

ブログ内検索

最新コメント

[08/23 Adosobii]
[04/21 Anobipaf]
[04/17 Aigupui]
[03/24 管理人]
[03/06 琉]
[02/27 I.p.]
[12/04 管理人]
[11/25 I.p.]
[10/19 管理人]
[10/14 メリクロ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日産「リーフ」はカッコよければ・・・ヒットした。

東洋経済オンラインに自動車評論家・森口将之氏が寄せた記事「日産リーフはカッコよければヒットしたか」が目に止まる。

記事内容はタイトルそのまま、噂される次期リーフ(2017年度中?)はEVらしさよりも普遍的な「自動車」としてのスタイリングになるだろう、と・・・つまり「もっとマシな形になる」ことを示唆している。

正直、日産リーフは格好悪い。リーフに試乗した際、静寂さと安定性と、なによりパワフルさに軽いショックを受けた。こりゃ電気自動車の未来も悪くないぞ、いや、むしろ良いぞ、と。
・・・それでも、リーフを降りて車体を眺めたら、そんなトキメキも帳消しになるあのデザイン。リーフの問題点は航続距離では無く、あのデザインに集約される。だから、カッコ良くなれば、ヒットする、と考える。


また、この記事の中で森口将之氏の指摘に↓

「自動車を含め、日本のプロダクトデザインは、全体的なプロポーションより細部の造形にこだわる傾向が強いと感じている。私たちがクルマに接するとき、まずは遠くから見てプロポーションが最初に目に入り、そこで第一印象が決まる。細部を吟味するのはその後」

とあった。車にある程度詳しい人たちがアルファード/ヴェルファイアや軽1BOXのデザインを酷評するのはこの点に尽きる。アル/ヴェル等は、細部しか吟味されておらず遠目にみたら只の箱。そこにメーカー純正オプションのエアロとか付けようものなら、遠目にはティッシュBOXそのもの。そんなティッシュBOXが道路を埋め尽くす昨今のニッポン、実に景観が美しく無い。メーカーが悪いのか、それを好む客が悪いのか。


※同記事にはトヨタ・ミライに関する記載も。その中で気になったのが↓

の部分。「フロント左右に空気を取り入れるための大きなインテーク(開口部)を備え」とあるが、あれはダミーでインテークは塞がっていた筈なのだが・・・


【Link:21世紀スカイライン~切な系スポーツセダンと旅する人生
PR

中国マネー到来は危機か好機か


北海道に住むと、よく「今度、北海道旅行に行くのだけれど、どこがオススメ?」と聞かれる。単に夕食のオススメ店を紹介するだけの時もあれば、そもそも北海道の「どの地域」「どのホテル」で「何をする」のがオススメか、といったプラン全体に及ぶこともある。
 
北海道観光における一番のネックは「大自然相手」な点に集約される。つまり、「晴れていたらXXが楽しめます」「冬でも片道1時間半です。ただし大雪になると何倍も時間が掛かります」系の気象状況に大きく左右される点だ。

だから、オススメを紹介するとき、常に「晴れていたらプランAだけど、悪天候でもプランBでリカバーできる」案を努めている。ただ、立地的な問題もあってプランBが成立しない魅力的なスポットもあって悩ましいところ(田舎すぎてプランA以外に代替となるスポットが近隣に無い等)。
 
  
そんな北海道観光の中で、私自身もリピーターで強くオススメできるスポットの1つに「トマム」がある。星野リゾートが再生を手がける「星野リゾート・トマム」だ。

星野リゾートといえば全国に素晴らしい施設を持つホテル業で有名だが、その星野リゾート・トマムが中国企業に売却されたと聞いて大きなニュースとなった。確かに、トマム好きの1人として「中国企業」との言葉に不安を覚えたのは確かだ。
トマムは冬のスキーがメインのリゾート施設。雪質の良さは世界屈指と云われる。夏は山頂から眺める雲海テラスが人気。ただ、そのいずれもが天候に大きく左右されてしまう。トマムの素晴らしいところは、悪天候時のプランBが備わっているところ。いや、実際はそのプランBだけを目当てに行ってもプランAに全く見落とりしない。
例えば冬のスキー。スキーは視界不良となるような吹雪ではとても滑っていられない。悪天候が収まる迄、ゲレンデ中腹の趣きあるカフェで温かいドリンクを飲むも善し。
  
天候が回復しないようなら、見切りをつけて施設内の広大なプールで常夏気分を味わうことだってできる。折角スキーを楽しみに来たのに・・・と残念がることも無く、気分を変えて猛吹雪の外界を眺めながらのプール遊びは、悪天候に負けた気持ちを逆転させるに十分すぎる。
  
施設内にはカフェやラウンジ、レストランも充実しているし、夜は素晴らしい眺めを愉しみながら美味しい料理を味わえる。プランBどころか、プランCもプランDも用意されているのがトマムの素晴らしさだし、その全てに美意識と快適さが備わっているのが星野リゾートたる部分だ。
 

そんな星野リゾート・トマムの中国企業売却について、代表取締役社長の星野氏が週刊 東洋経済 2015年12月5日号でインタビューに答えていた。要旨はこうだ。
 
・中国企業だからと騒ぐのは偏見。元々、米国ファンドが80%所有していた。
・ホテルの「所有」と「運営」は別ノウハウ。星野リゾートは「運営」特化。
・星野リゾート・トマムの運営は今後も星野リゾートが行う。
・家業であり実家の「星のや 軽井沢」でさえ売却し、運営に専念している。
・ホテルに投資したいし所有もしたいけど、運営はしたくない人の方が多い。
 
星野社長は「運営は星野リゾートが引き続き行うのだから何も心配は無い」と説明し「売り先がたまたま中国企業だったに過ぎない」つまり一貫して何か問題でも?という姿勢が印象的。
 
対してネット上では否定的な意見で溢れ返っている。「よりによって中国企業に!」「中国人を信じるなんて!」「中国人と韓国人は信じるな!関わるな!」・・・だいたい集約するとこのような嫌中といえる感情的な意見が目に付く。ただ、今後は日本に限らず中国マネーを中核としたスキームが増えてくるだろうし、ならばそのカネを拒否るので無く、むしろ好機とばかりに中国マネーを取り込んで活用してやるという意気込みこそ今の日本に必要なスタンスなのかも知れない。
 
北海道旅行でオススメのリゾートスポットは?
・・・うん、やはり、トマムを推したい。

男と女 操り吊られ 細い絆の 糸引き引かれ



私が好きなネット名言(?)の1つに、以下の文句がある。
 
「男の恋愛は名前をつけて保存、女の恋愛は上書き保存」
 
何とも真理を付いた簡潔な言葉だろう。別れ際、その別れが女側から切り出されたものであれば、男は「なぜ、何がいけなかった?」「改めるからやりなそう」「もう一度チャンスを欲しい」etcと関係性の修復に努めるが、女はというと別れ話をした瞬間に目の前の男への興味や同情をふくめた一切の思いは既に消えていて、すがって来る男の姿勢そのものも鬱陶しく感じるそうだ。

女の心変わりはスイッチのように入る切り替わることは、愛する配偶者との死別の際にもよく聞かれることなので、個人の性格の差というより、もっと本質的・本能的な性差によるものと考える方が自然なのかも。
 
ふと、そんなことを考える瞬間があった。
先日、携帯電話のMNP(Mobile Number Portability)を行い、4年間契約していたauから転出する際のことだった。

手続きオペレーターが「他社に乗り換える理由は、ご不満な点や気になった点などございますでしょうか」と云うのでこちらが素っ気なく「なんで?」と質問を質問で返すと「お客様によっては契約内容の見直しにより今よりお安くお使い続けていただくことも可能な場合が・・・」と説明をはじめる。オペレーターは丁寧な口調なのだけど、なんだか無性にイライラしてしまい、説明の言葉を遮るように「もう、いいから!さっさと処理してよ!」と告げてしまった。
 
もう、MNP転出の連絡をした時点で、既に心はauから(何らかの理由で)離れてしまっている。その段階で幾ら誠意ある丁寧な言葉でこちらの悩み解決に向き合ってくれても(関係性の修復を試みられても)、その行為自体がウザったく感じる。
 
別れ話をするときの女って、きっとこういう気持ちなんだろうな。
Copyright©"The 21st Century SKYLINE", All Right Reserved.