忍者ブログ

21世紀ダイアリー2.0.1

 21世紀スカイラインの管理人ブログ。現在はムラーノ(Z51型)を愛用している40代中年男性(苦笑)。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
"The 21st Century SKYLINE"
性別:
非公開
自己紹介:
切な系・中年スポーツセダンことV35スカイラインを愛でるサイト「21世紀スカイライン」を運営しております。

ブログ内検索

最新コメント

[08/23 Adosobii]
[04/21 Anobipaf]
[04/17 Aigupui]
[03/24 管理人]
[03/06 琉]
[02/27 I.p.]
[12/04 管理人]
[11/25 I.p.]
[10/19 管理人]
[10/14 メリクロ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スカイラインクロスオーバー、意外に小さい。


いま最も欲しい車の1つだったスカイラインクロスオーバー。・・・そう、「だった」と過去形なのは(ワタシの不勉強だったのですが)致命的に見落としてたポイントがあって、それがワタシ的に譲れない条件だったんで次期購入検討車種から外すこととなりました(っても近々に新車購入する予定は無いんだけどぉ(苦笑))。

その残念なポイントというのが「サイズ」。その全高の高さ故に大きな車のように見えていたスカイラインクロスオーバーですが、実車に乗り込んでみると意外な程に小さくて狭いことに気づきました。V35セダン、V36セダン、スカイラインクロスオーバーの3車種を比較してみると↓
size.jpg
こんなカンジで、上から35セダン、36セダン、クロスオーバーなんだけど、確かにクロスオーバーは意外な程にコンパクトなんですよね。数値では少しの差に思えますが、とにかく車内が狭く感じたんですよね。シートに腰掛けてみて「あれ?なんか狭くね?」と。

まずシートが縦方向に窮屈。実際、カタログ数値ではV35と同じだけど、V36と比較するとかなりの差がある。そして上記画像にあるような絶壁気味なインテリアが窮屈さを感じさせる。シート座面の高さから来る視点とインテリアの絶壁具合がどうにも悪い組み合わせなようで、圧迫感があるんですよねぇ。そのせいかV35と比較しても随分と窮屈に感じたなぁ。

あと、なにより窮屈に感じたのは後席。カタログ数値でも分かるようにホイールベースがV35やV36と比較してクロスオーバーは50mm短縮されてる。この差が後席の足下にモロに影響出ていて、スペースに余裕が無い(誤解の無いよう補足すると使用上で問題には成らないけれど、V35やV36の余裕さと比較すると、どーしても狭い)。いつも後席には奥サマと娘が乗っているから後席のプライオリティが高いんですよね、我が家では。

あとトランク容量も正直、物足りない。V36セダンより小さめとは聞いていたけれど、うーん、思った以上に小さな容量に感じたし、トランク床下に収容スペースが全く無いのも(知ってはいたけれど)ちょっと心細くなってしまった。V35やV36セダンのトランクって広いですからね〜。

そんなワケで動力性能は良いんでしょうが、かなり高価な割にユーリティリティ面で我が家のニーズを完全には満たせないことが分かったんで、購入候補車としては消えました。コンセプトやスタイリングとかが大好きだったダケに非常に残念。・・・まぁ、見積金額の高さから購入するとしたら多少なりとも出費面でムリせにゃならん車なので、候補から外れてくれて一安心というか(苦笑)。

PR

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright©"The 21st Century SKYLINE", All Right Reserved.