忍者ブログ

21世紀ダイアリー2.0.1

 21世紀スカイラインの管理人ブログ。現在はムラーノ(Z51型)を愛用している40代中年男性(苦笑)。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
"The 21st Century SKYLINE"
性別:
非公開
自己紹介:
切な系・中年スポーツセダンことV35スカイラインを愛でるサイト「21世紀スカイライン」を運営しております。

ブログ内検索

最新コメント

[08/23 Adosobii]
[04/21 Anobipaf]
[04/17 Aigupui]
[03/24 管理人]
[03/06 琉]
[02/27 I.p.]
[12/04 管理人]
[11/25 I.p.]
[10/19 管理人]
[10/14 メリクロ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

港街、小樽。

”昭和の太陽”と呼ばれ、国民的支持を得た男、石原裕次郎。

その石原裕次郎が愛した(ということになっている)街、小樽。

愛用のカメラ片手に小樽を散歩してきました。


(スタッドレスタイヤ装着の250GT標準16インチホイール)

観光スポットを敢えて外し、港湾都市としての小樽を生々しく感じる道を選択。



今回はキヤノンEOS Kiss X3に、TAMRONズームレンズ18-270mmを装着。

広角から望遠まで1本でこなせるので、本当に便利なレンズです。



大友克洋「大砲の街」を連想させるスチームパンクな建物。


港町故に倉庫が多い街です。







船出の準備をする船員とV35スカイライン。


こうして見るとV35スカイラインのルーフが不自然に高いことが分かりますね。

でも、V35スカイラインのリアトランクからボディへと繋がる稜線が好き。

日産のデザイナーは稜線の美しさに長けていると感じます。

K12型マーチに見られるボンネット形状など(不人気なようですが)、

日産車には他には無い独特の美しさを感じる瞬間があるのですけれどもね。

PR

コメント

無題
>日産車には他には無い独特の美しさを感じる瞬間があるのですけれどもね。

激しく同意ですね。
F50、P12、V35、Y50、M35、Z33はモダニズムかつクリーンな美を感じますし、V36、CKV36、スカイラインクロスオーバー、Y51、Z34にはオーガニックでレトロフューチャーな美しさを感じます。
他の日本車には感じられない一貫した主張を感じるのがこの上なく好きですね。

makoto
編集
2009.12.31 (Thu) 20:16:58
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright©"The 21st Century SKYLINE", All Right Reserved.