忍者ブログ

21世紀ダイアリー2.0.1

 21世紀スカイラインの管理人ブログ。現在はムラーノ(Z51型)を愛用している40代中年男性(苦笑)。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
"The 21st Century SKYLINE"
性別:
非公開
自己紹介:
切な系・中年スポーツセダンことV35スカイラインを愛でるサイト「21世紀スカイライン」を運営しております。

ブログ内検索

最新コメント

[08/23 Adosobii]
[04/21 Anobipaf]
[04/17 Aigupui]
[03/24 管理人]
[03/06 琉]
[02/27 I.p.]
[12/04 管理人]
[11/25 I.p.]
[10/19 管理人]
[10/14 メリクロ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キブンの時代



年越しは近所のお寺で除夜の鐘をついて来ました。

それにワタシは108程度じゃ足りない煩悩の持ち主なものですから(苦笑)。




さて、産經新聞が1日付から「キブンの時代」と題した特集記事をはじめた。

いわく「気分が社会を支配している」。

「なんとなく」な気分で世の中が動く浅はかな本筋を見ない社会。

この特集記事は中々考えさせられるものがある。

そう、まるでエコカーブームをそのまんま、だから。

間違いだらけのエコカー選び
徳大寺 有恒
売り上げランキング: 642

よくぞ言ってくれた、な本書。

大衆は、まさに「エコなキブン」で積極的にエコカーを選ぶ。

そこに宿る本質を消費者は気にしない&重要視しない。

だからメーカー側だってそうだ。真正直にやった方がバカを見る。


もう1つ。キブンが支配する、と言えば↓コレ


まず帯に注目→「クルマ買うなんてバカじゃないの?」。

うーん、実に刺激的だ。

無理してローンを組んでクルマを買う行為は「カッコ悪い」と非難する若者。

そう、非難にまで及ぶのが凄い。

「他人にどう思われるか」という他者目線で意思決定をする若者。

・・・大変だな、昨今の若者は。これこそ「キブンの時代」だ。


その点、我ら中年は楽だ。他者目線なんて知らん顔。欲しいものを買う。

そして、それを買うだけの経済力が(若者よりも)ある。

だから「買う」ことも「買わない」こともできる。

選択肢の多さ程、人は自由になれる。我ら中年は自由だ。

若者目線では「バカじゃないの?」に思えるかもしれないけど、

時代のキブンに流されて意思決定を他者に委ねるよりは人間的だ。



そんな「キブン(気分)」が支配する時代に立ち向かう生き方。

V35スカイライン好きな皆さんのその生き方がワタシは好きです。

これからも自由で生きて行きましょう。

PR

コメント

無題
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

あー、まさにその通りですね。上辺だけの気分でしかモノゴトを捉えられない日本人。バブルでエゴな消費が流行れば、消費こそが美徳。デフレでエコロジーが囃し立てられれば倹約こそ美徳。まあポリシーも何もないですね。

自分はまだ若者に属する年代(かろうじて20代です)ですが、周りの友人たちのモノの買わなさぶりには驚かれされますね。お金があるにも関わらず、買おうとしない。車なんて無駄だという。消費することが罪だと思っているらしいですね。

しかし消費しなければ資本主義経済は崩壊するわけで、モノを買わない選択は自らの給与に跳ね返り、自らの雇用にも関わるのですがね。

エコカー偏重でスカイラインクーペなんて乗っていると反エコロジーといわれることもありますが、スカイラインクーペのような高利益率な車が売れなければメーカーはエコカーを開発する資金がないわけで、まさに木を見て森を見ずな意見でしかないですね。以前テリー伊藤氏がZ34のインプレ記事で言っていましたが、「この時代にスポーツカーを買って何が悪い!俺がZを買ったからおまえらエコカー乗れてるんだぞ!とZを買ったオーナーは何も恥じることなく胸を張って乗ってほしい」という言葉に大賛成です。

年始早々とりとめもなくすみません。
makoto
編集
2010.01.03 (Sun) 16:36:50
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright©"The 21st Century SKYLINE", All Right Reserved.