忍者ブログ

21世紀ダイアリー2.0.1

 21世紀スカイラインの管理人ブログ。現在はムラーノ(Z51型)を愛用している40代中年男性(苦笑)。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
"The 21st Century SKYLINE"
性別:
非公開
自己紹介:
切な系・中年スポーツセダンことV35スカイラインを愛でるサイト「21世紀スカイライン」を運営しております。

ブログ内検索

最新コメント

[08/23 Adosobii]
[04/21 Anobipaf]
[04/17 Aigupui]
[03/24 管理人]
[03/06 琉]
[02/27 I.p.]
[12/04 管理人]
[11/25 I.p.]
[10/19 管理人]
[10/14 メリクロ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【緊急】新型インフルエンザ対策

pandemic.jpg
いやはや。もの凄い勢いで感染広がってますね>新型インフルエンザ。こんだけ感染力が強いと都市部に人口密集した日本ですから、一気に感染が広がることメキシコの比じゃ無いでしょうね。

----(追記)----
※コメントにて、詳しい方から情報あり※
ワタシが紹介しているN95マスクのようなものは
一般的な感染対策としてはオーバースペックであり、
通常の不織布製マスクでは十分、とのご指摘がありました。
詳しくはコメント欄をご参照ください。
----(追記)----


さて、感染対策として街中の薬局ではさっそくマスクが飛ぶように売れているようですが、ここで注意が必要。よく言われるように、フツーのマスクじゃ殆ど感染防止に意味がありません。買うなら最低でも”医療用”として使われる「N95」以上が必要で、それでも飛沫核物による感染を防げる程度だそうです。まぁ、でもN95マスクは無いよりはマシでしょう。

↓Amazon.co.jpで探したN95マスク
N95マスク(折りたたみ式) 20枚入り
N95 マスク 1860 20枚入
N95 高性能マスク(Locker) 5枚入
厚労省も家庭でのマスク備蓄を呼びかけていくらしいんで、買ってみようと思うけれど、どれも結構おおげさな外観がチョット装着に勇気いるよね(苦笑)。まぁ、でも数年前に”超立体”を装着するのが恥ずかしかったけれど、今じゃ超立体くらいじゃないと逆にシックリこない位になってきたから、このN95マスクたちもスグに違和感無く装着できるようになるんかしら(苦笑)。

↓厚労省の対策ページ
新型インフルエンザ感染対策関連情報

ちなみにワタシは別件でもともと1週間の長期休暇をとってるところでしたんで、あまり人の集まるところに行かないように心がけようかなぁ(つまらん休暇になってしまうけれど)。みなさんも気をつけましょう。
PR

コメント

普通の不織布製マスクで十分ですよ
mujitraさん、こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
久しぶりにカキコします。

N95マスクについてですが、結論から言うと日常生活ではとても使える代物じゃないですよ~。新型インフルエンザ対策としても、「必要がない」と言って差し支えないです。

そもそも、N95マスクと通常の不織布製マスクとの違いはフィルター性能の違いだけです。
N95を使う医療関係者は、「正しく」=「顔面との隙間がなく」装着するために、フィットテストという訓練をしています。そうした訓練もせずに装着しても、顔との隙間から外気が入ってきて効果が得られないわけです。
私は自治体で保健衛生関係の仕事をしてまして、N95も実際着用したことがありますが、「正しく」装着すると息苦しくて、とてもじゃないですが長時間活動できるようなものではありませんでした。

新型インフルエンザもインフルエンザの一種です。
インフルエンザの感染様式は飛沫感染がメインなので、日常生活における新型インフルエンザ対策としては、普通の不織布製マスクで十分との考察が国の専門家会議で出されています↓。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/dl/s0922-7b.pdf
医療関係者がN95を必要とするのは、患者からゼロ距離で咳やくしゃみを浴びるリスクがあるからであり、普通の日常生活ではそこまでの性能は必要ないという考え方です。
そもそもマスクは「うつらない」ためのものではなく、「うつさない」ためにするものだという考えが前提になってますけどね。

高いお金を出してN95を買い込んでも、結局使い捨てですし、訓練していなければ使いこなせない、性能的にも「ほとんど必要ない」わけです。となれば、同じお金を使うなら、自分の顔にフィットする不織布製マスクを探して、それをある程度の量、備蓄しておいた方がいいですよ~。
ボーンズ
編集
2009.05.17 (Sun) 10:24:12
ボーンズ様、情報ありがとうございます。
> N95マスクについてですが、結論から言うと日常生活ではとても使える代物じゃないですよ~。

ご指摘、ありがとうございます。
確かにご指摘のように、N95はオーバースペックで、
通常の不織布製マスクでも十分・・・っていうか、
それでもダメなときはシロートにはナニやってもダメ、という
指摘はネット上でも多く見かけますね。

近所のスーパーの薬局にはN95マスクを(値段も高いからか)
イチオシしているPOPとともに並べていて、
「入荷しました〜」の店員の声とともに、あっという間に
売り切れてしまっておりました(!)。恐ろしい。。。

ちなみにワタシ自身は通常の
不織布製マスクを常備しております。
もともと花粉症なものですから(苦笑)
お気に入りの「超立体」が買えずショボーンな日々です。。
結局、N95は買ってません(買える機会もありませんでした)



> 医療関係者がN95を必要とするのは、
> 患者からゼロ距離で咳やくしゃみを浴びるリスクがあるからであり、
> 普通の日常生活ではそこまでの性能は必要ないという考え方です。

ワタシ自身は地下鉄通勤者なのですが、
鳥インフルやSARSのときの対策マニュアルにおいて、
通勤電車のような過密&密閉状態ですと、
それこそ直接に受ける恐れがあるので、
米国N95のようなものでないとダメ、というのを読みました。
(それが日常生活を送る上で、現実的かどうかは別として)

ただ、そうしたマニュアルにも
「マスクは補助的なものであり、うがい&手洗い&体調管理が基本」
とは書かれておりました。


> 自分の顔にフィットする不織布製マスクを探して、
> それをある程度の量、備蓄しておいた方がいいですよ~。

確かにおっしゃるとおり、ですね。
今後、豚インフル×鳥インフルのような
感染力が強く毒性の強いインフルエンザ登場の可能性もあり、
今回の豚インフル騒動はその前哨戦として、
多くの実践経験がつめるかもしれません。
管理人
編集
URL
2009.05.19 (Tue) 23:57:02
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright©"The 21st Century SKYLINE", All Right Reserved.